logo
yy
商品檢索:
>> 現在の場所:ホーム > 最新情報 > とても大きく懐中時計の幸運な正確率と温度の不変なレベルを改善して

とても大きく懐中時計の幸運な正確率と温度の不変なレベルを改善して


ロレックス
ロレックス会社の創始者は1名の米国の時計の業者で、名前を仏陀の羅倫汀・アリ奥とストー・ジョーンズと言います。1868ジョーンズがスイスの表を作成する技術と現地の安値の労働力と水道と電気の資源生産を利用するために、スーパーコピーロレックス時計を輸出して米国の多い新興時計会社の競争に受け答えして、米国の本土からスイス東北部のこれに引っ越してちょうど夫の豪快な森がロレックス会社を創立します。それ以後、ロレックス会社の製品を出す懐中時計は19世紀末、20世紀初めの時計の市場を風靡しました:1868年の開発する“ジョーンズ”の札の懐中時計のチップ、とても大きく懐中時計の幸運な正確率と温度の不変なレベルを改善して、それによってロレックスのために商標を打ち出しました。

1890年の出す“ロレックス”の懐中時計、国際時計を勝ち取ってできる嘉に力を合わせて品質のずば抜けている証明書と評論するだけではなくて、更に即刻収集家になって物を争って買って、甚だしきに至ってはその時のローマ法王、ブルガリアの皇帝およびそれからのイギリスの首相のチャーチルさえロレックスの資本型を持ってモデルを表します。 20世紀初め、ロレックスの生産経営は重点的に腕時計の上でまで(に)移転します。第1次世界大戦の時に、それは軍隊のために大量のベルトの夜光の表面の実用的な腕時計を提供しました。第二次世界戦争の中で、それはみごとにパイロットの開発する磁気を防ぐ腕時計だけのために出しました。70年代まで着いて、ロレックスは磁気を防ぐ時計の基礎の上で、時間単位の計算機能と進路(方向)を決める羅針盤を互いに結合して羅針盤表しを開発して、更に専門のユーザーに便宜を図りました。それ以後世間に現れるMARK更に有名な天下。
  20世紀60年代、スーパーコピーロレックスGMTマスター_keepgoing365.com/tokei/s1/は日本の石英の電子時計に直面してスイスに始める衝撃を表して、潮流に順応して、全く新しい技術と戦略を採用して挑戦を迎えます。それの次々と出したチタン合金の腕時計、潜水夫の使う“OCEAN”のシリーズを供えて、“VTRASPORTIVO”は薄型の腕時計と“PORTOFINO”のシリーズなどを超えて、ロレックススイスの一流の時計商の行列に登ります。近頃出した世界の第1匹は機械の深さを付け加えて計算して潜む水道のメーター、ロレックスの驚天動地で一般の人の思いもよらないアイデアと想像力を展示したのを更に1歩進めます。 ロレックスの生産したそれぞれはすべて腕時計でただ工場出荷して帳簿の中で登録するのを登録するだけを表して、百餘は年来て、これらは帳簿を登録してすでに割合の大きい冊に集まって、このような帳簿を登録するのは世界の記録の帳簿です。古い本が体の字を使って契約の通し番号を記録する、殻後の通し番号を表す、使った材質、表すべきな重さ、表を作成する先生の名前、期日を完成する、あるいはおよび時計商が買って人の名前などを表す資料。ロシアのツアーの斐のディナンの1世、教皇の皮耶斯の9世、イギリスの首相のチャーチル....すべて1匹以上のロレックスの懐中時計を持ったことがあってことがありを待ちます。
次ページ:ウブロポロ金杯試合、発売を限定腕時計
前ページ:深く潜む必須アイテムの潜む水道のメーターの不可欠な四大機能

禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

KeepGoing365.COMスーパーコピー時計通販です。弊社すべての時計コピーは2年品質保証になります。納期確認 keepgoing365@vip.163.com.

Copyright © 2007-2020 All right reserved.
回覧履歴
More
gotop