logo
yy
商品檢索:
>> 現在の場所:ホーム > 最新情報 > 精密なありのカルティエ堅固な技師は針の時間単位の計算のチタン金属を追って表します

精密なありのカルティエ堅固な技師は針の時間単位の計算のチタン金属を追って表します


工事は巧みな構想で手を焼く技術の難題を解決して、それはひとつの精密な芸術です。カルティエの表す全く新しい技師から来て針の時間単位の計算のチタン金属の腕時計を追って、それが針の時間単位の計算装置の含んだ精密で複雑な技術を追う以外、この男らしくて勇ましい息が十分な時計算するのもカルティエコピーが最も堅固な時計の中の一つを表すです。この腕時計は最高な品質の標準的な製作によってなって、皆の追求の充実している人生の紳士にとって、それはドリカムを意味します。外観はやはり(それとも)機能なのにも関わらず上で、それはすべてこれと1954年~1955年の伝奇の腕時計のシリーズに源を発して同じ流れを汲みます。

 
腕時計は堅固で信頼できる79230型のチップを搭載して、そして45ミリメートルのチタン金属を採用して殻を表します。カルティエ腕時計のが出すのは技師のシリーズが有史以来初めて配備して針の時間単位の計算機能を追うのです。巧みで完璧な技術を配備する以外、この新しい作品は外観の上で同様に人目を引きます。その他に更に“創始”のチタン金属は殻のシルク処理を表して、表面をシルクの類の明るい沢の質感が現れさせます。この腕時計の外観は多い輝点を備えて、その中も閉じ込めてひっくり返りを表して類のダイヤモンドの炭素の上塗り(略称DLC)の5本のねじがありを含みます。ねじ頭は黒色のゴムの上塗りの押しボタンおよびと冠を表して装置を防護して完璧に解け合って、渾然一体となります。ゴムの硫化の効果は完璧に腕時計の重々しい外観となめらかなコントロールを引き立たせだして思います。改めて設計の後の時計の文字盤ははっきりしていて、目を楽しませて、一目で分かりに見えます。
 
更にはっきり各条項を区分して表示して、デザイナー達は初めて青いをの採用して、とこの時計算して持ちつ持たれつで更によくなる色調組み合わせるのを作りだします。、時間分および、秒(さん)(引いて装置を止めるのを付け加える)の時計の文字盤はへこんで式設計に入りを採用して、ロジウムメッキのポインターの隙間ので中の夜光物を組み込んで黒色が現れると推測します。夜になった後に、カルティエ腕時計のこの機能はその重要な効果を発揮するのを始めます。腕時計の重さ及び16ミリメートルの表す殻の厚さを考慮に入れて、デザイナーは特に軟鉄の内コクを省きました。突き出ている形は殻を表して設計を閉じ込めて突然一般のものとは異なるエルゴノミクスの理念を現して、その上130グラムだけの総重量、この腕時計をつける時とりわけ心地良くさせます。技師は針の時間単位の計算のチタン金属の腕時計を追って長期の試練を経て、深く12巴の防水性能に達するのを備えて、強靱な技師のゴムのカルティエ腕時計のバンドを配備して、両面は光が反射してサファイアのガラスが鏡とねじ込み式を表して底を表してと冠を表しを防いで、十分にいかなる極限に達している条件を防ぎ止めます。
 
針を追う時間単位の計算機能は時間単位の計算装置の技術の発展で、このカルティエ機能を通じて(通って)1分の内で2つの異なる期間を測量することができます。簡単で、ちょっと押しボタンが時間単位の計算機能をスタートさせた後にによってでさえすれ(あれ)ば、2本の中で時間単位の計算の秒針すぐさま運開を置きます。2本のポインターが全く重なり合っているため、そのため直ちに第2本の時間単位の計算のポインターが見えることはできません。この時、つける者は1分の期間内繰り返し測定時間で選ぶことができます。時間単位の計算機能をスタートさせる時“10時”の位置の3つ目の押しボタンを押さえつけて、上の時間単位の計算のポインターは動かないをの停止するでしょう、次にの時間単位の計算のポインターは引き続き運行するでしょう、“2時”の位置の上で正常な始まり/を押さえつけて押しボタンを停止したのに至った後にようやく停止することができます。このスーパーコピーカルティエバロンブルー時計方法を使って2段の異なる短い期間を測量することができます。もし再度押さえつけて針の押しボタンを追って、時間単位の計算のポインターは運行やはり(それとも)静止する状態があるのにも関わらず、針のポインターを追ってすべてただちに時間単位の計算のポインターの上方に帰るでしょう。豊富だに表を作成して経験する基礎の上で絶えず昇華するしかなくて、ようやくこの機能を実現することができます。
 
カルティエで表して、革新するのは一つの悠久の伝統です:1980年に、表してすでに真っ先にこの先進材質を運用して、そのチタン金属の時間単位の計算の腕時計は更に業界の先に提唱された事物に引率します。このような小さくて精巧なの、を処理していてほとんどいつまでも摩耗しないをのその上きわめて親和の筋肉と皮膚の材質表して、すでに豊富な経験に累積しました。しかし1970年代の末まで、航空専門家の協力してがおりるに、スイスの腕時計のメーカーのカルティエはすでにチタン金属を加工と熱処理の必要な秘訣に行いを掌握したのを表します。チタン金属精密な鋼に比べて軽い43%、ずば抜けている全面的な抗腐蝕性、きわめて低い熱コンダクタンスおよび、電気伝導性があります。チタン金属は世界の最も独特で最も高価な材質の中の一つで、そのただ1つの色合い、更に技師を高めて針の時間単位の計算のチタン金属の腕時計の外観の効果と男らしくて勇ましい風格を追うことができます。機能やはり(それとも)外観にも関わらずの上で、それはすべて名実ともに備わる“技師”です。
 

次ページ:ウブロポロ金杯試合、発売を限定腕時計
前ページ:とても複雑な機能のは夢中になってウブロ腕時計の精密な米を成し遂げます

禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

KeepGoing365.COMスーパーコピー時計通販です。弊社すべての時計コピーは2年品質保証になります。納期確認 keepgoing365@vip.163.com.

Copyright © 2007-2020 All right reserved.
回覧履歴
More
gotop