logo
yy
会員登録頂くだけで2000ポイント取得できます。
商品檢索:
>> 現在の場所:ホーム > 最新情報 > ロレックス創設者「ハンス・ウィルスドルフ」はどんな青年時代を過ごしたのでしょう

ロレックス創設者「ハンス・ウィルスドルフ」はどんな青年時代を過ごしたのでしょう


ロレックス創設者「ハンス・ウィルスドルフ」はどんな青年時代を過ごしたのでしょう。彼の青年時代は、まさに下積み時代と言っても過言ではないほどの努力をしたと言われます。
彼の祖父はお花屋さんを営んでいましたが、青年時代のハンス・ウィルスドルフは、祖父が運営していたという花屋さんを任されていたという下積み時代がありました。彼は12歳という、まだ幼い時にそのご両親が早くに亡くなってしまい、学資を稼ぐためにこの祖父のお花屋さんの仕事を手伝っていたというのです。ロレックスという高級腕時計ブランド界の超大物になるという彼からは、全く異業種のお仕事でしたね。
ですが、その全く違う世界で店を経営するという経験が、彼の独立心と運営学を大きく成長させる要因になったかもしれませんね。簡単なことのように見えて、なかなか真似できることではありませんね。この花屋さんというのは、ドイツ中南部のバイエルン州にあるクルムバッハという都市の広場にあったそうです。
このクルムバッハ(Kulmbach)には、国内最大級のルネサンス様式の城であったプラッセンブルク城があり、その城内には錫人形博物館(世界最大)もあるようです。クルムバッハは、錫(すず)取引で発展し、ビールやソーセージの産地としても有名だそうです。もし、ドイツに旅行に行くのであれば、是非、クルムバッハにも行ってみたいですね。

次ページ:ハンス・ウィルスドルフはなぜ腕時計に目をつけたのでしょう?
前ページ:ルコム・キャンベル卿ドライバーのロレックスへの手紙
禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © 2007-2020 All right reserved.
回覧履歴
More
gotop