logo
yy
会員登録頂くだけで2000ポイント取得できます。
商品檢索:
>> 現在の場所:ホーム > 最新情報 > ハンス・ウィルスドルフはなぜ腕時計に目をつけたのでしょう?

ハンス・ウィルスドルフはなぜ腕時計に目をつけたのでしょう?


ロレックスの創設者――ハンス・ウィルスドルフは、当時は懐中時計が主流だった世界で、なぜ腕時計に目をつけたのでしょうか?。その理由はどうやら次のような事があったからだそうです。つまり、「戦争の兵士たち」だったそうです。実は腕時計の誕生はこの「戦争の兵士たち」と密接な関わりがあったようです。当時は19世紀末のボーア戦争の時期で、イギリス軍は懐中時計を砲撃のタイミングを測る道具として利用し、それを革ベルトで手首にくくりつけていたそうです。まさに、それが腕時計の始まりでもあって、その懐中時計を手に持っていれば自ずと両手が自由に使えなくなってしまい、戦力に大きな悪影響をもたらすことから、この簡易的な腕時計を利用することになったとされます。
そしてそのことがきっかけで、本格的な腕時計が開発されるようになったのです。この情報をいち早く聞きつけたハンス・ウィルスドルフは「今後の未来は腕時計が主役になる!!」と考えたかかもしれませんね。とにかく、ハンス・ウィルスドルフは腕時計の将来性を感じ取り、即座に行動に移したのです。
ハンス・ウィルスドルフのその時の決断は今日の偉大なロレックスコピー腕時計へと確実に引き継がれたという訳になるのですね。そして、今日では、腕時計は日常生活に当たり前のように使われていますが、もし仮に腕時計がなかったら、私たちの生活には大変不便かもしれませんね。やはり、腕時計の存在というのは無くてはならないものだと思います。そして、腕時計に目をつけたハンス・ウィルスドルフはやはり偉人と言わざるを得ないですね。

次ページ:ロレックスの逸話に出てくる世界最速ドライバーの一人である
前ページ:ロレックス創設者「ハンス・ウィルスドルフ」はどんな青年時代を過ごしたのでしょう
禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © 2007-2020 All right reserved.
回覧履歴
More
gotop