logo
yy
商品檢索:
>> 現在の場所:ホーム > 最新情報 > 腕時計の右手派と左手派の話

腕時計の右手派と左手派の話


この有名な人プーチン氏は、腕時計は右腕派ですね。その理由は理由は、イタリア人のファッション説からではなく、竜頭(リューズ)が手首に当たってこすれないようにしたからだそうです。
一応、自動巻きは右手と言うひとがいますが、風水的に言うと、右手に腕時計をあてると運気アップと言う記事が載っていました。その風水では、腕時計は夢を託し、実現し、ともにツキを育むための相棒のようなものと考えるそうです。
 一般的には利き腕と逆の腕に付けるものとされているのが主流だと思います。例えば、右ききなので右手ではめるからです。まあ、考えてみても、普通は邪魔になるから、「利き腕と逆」の方向につけているそうですが、推理小説とかでみると、腕時計の付け方によって利き腕の判断基準によく使われてます。
腕時計は、男女とも左だと思いますが、昔の時計はショックに弱く、右腕は利き腕で動きが激しいからという説明もあります。例えば、ダイビングの時は左手にコンパスをつけますので、時計は右手だそうです。ダイバー系の時計はリューズが大きいですから手の甲にきずが付くと言う理由から左に付ける方も多いです。
ある腕時計の調査で、「腕時計をどちらの手首にはめていますか」との質問では「左手首」が圧倒的で90.42%(623人)、「右手首」は9.14%(63人)だとわかったそうですが、結論から言うと個人の好みみたいですね。

スーパーコピー時計専売店

ロレックスコピー専門店


次ページ:ウブロポロ金杯試合、発売を限定腕時計
前ページ:皆さんは腕時計を、右手・左手どちらにしますか?

禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

KeepGoing365.COMスーパーコピー時計通販です。弊社すべての時計コピーは2年品質保証になります。納期確認 keepgoing365@vip.163.com.

Copyright © 2007-2020 All right reserved.
回覧履歴
More
gotop