logo
yy
商品檢索:
>> 現在の場所:ホーム > アナログ式電波置時計と機械式時計の違いをご存じですか。

アナログ式電波置時計と機械式時計の違いをご存じですか。


 今日は、アナログ式電波置時計と機械式時計の違いについて調べてみました。

アナログ式は長針と短針を組み合わせた針式時計のことです。通常、長針1回転が60分、短針1回転が12時間を表します。通常、円周の等分の位置にアラビア数字やローマ数字を配置した文字盤を用いりますが、12方向あるいは4方向に数字を置きます。背景に数字を入れないデザインのものもありますが、時計の針は同一の周回を回転しているため上下方向が定まっていないと時刻を認識できないことになります。そのため、実用的な時計においては少なくとも上下方向は決まっていますね。たまに、背景が無地の壁掛け時計などもみかけます。
 

機械式ロレックスコピー時計の場合は、時計を動かす動力はぜんまいばねや錘(おもり)であります。ぜんまいばねはゆっくりとほどけながら動力主軸を回し、おもりはゆっくりと下がりながら動力主軸に撒きついた鎖を引いて主軸を回します。ぜんまいばねがほどけきったら巻き直し、おもりが下がりきったら巻き上げる。ぜんまいばねがほどけきるまで数日から数十日のものが一般的でしたが、万年時計のように長期間動き続けるものも作られています。


次ページ:スーパーコピー時計に関するマナー
前ページ:クォーツウオッチとはなんでしょう?

禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

KeepGoing365.COMスーパーコピー時計通販です。弊社すべての時計コピーは2年品質保証になります。納期確認 keepgoing365@vip.163.com.

Copyright © 2007-2020 All right reserved.
回覧履歴
More
gotop