logo
yy
商品檢索:
>> 現在の場所:ホーム > スーパーコピー時計に関するマナー

スーパーコピー時計に関するマナー


スーパーコピー時計を身に付けることが一般化するにつれて以下の様な時計に関するマナーもできてます。

丸型の外形、銀色か白色文字盤、2針または3針などのシンプルなデザインのモノ、黒い艶有り革ベルト、ケースは金色か銀色の光沢があるもの、文字盤の文字はローマ数字かバーなどの記号、それらの特徴をすべて持つものが最もフォーマルであります。

また、カジュアルシーン以外では時計は必ず着けるべきです。

フォーマルな場ではスーパーコピー腕時計とブレスレットを同じ腕につけてはいけません。

男性用スーパーコピー時計は30〜35mm、女性用時計は20~25mm程度のサイズが一般的であり、それを大きく外れるサイズはカジュアルな時計であります。

時計の種類は履く靴に合わせるべきです。例えば、ドレスシューズならドレスウォッチ、スニーカーならスポーツウォッチ、ブーツならミリタリーウォッチなどを合わせるのが時計のマナーです。

手首の骨の出っ張りよりも手前の部分につけ、立った時にシャツから少しだけ見える、または完全に隠れるようにつける。そうしなければシャツの袖口と時計が干渉し袖口を痛める可能性があります。

その他日本の年長者の間でのみ結婚式に時計は着けないほうが良いという意見や、女性は手首の内、男性は外につけるという考え方もあります。

時計のマナーにはいろいろな言い方がありますね。あなたはどれぐらい知っていますか。


次ページ:トランジスタ時計
前ページ:アナログ式電波置時計と機械式時計の違いをご存じですか。

禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

KeepGoing365.COMスーパーコピー時計通販です。弊社すべての時計コピーは2年品質保証になります。納期確認 keepgoing365@vip.163.com.

Copyright © 2007-2020 All right reserved.
回覧履歴
More
gotop