logo
yy
会員登録頂くだけで2000ポイント取得できます。
商品檢索:
>> 現在の場所:ホーム > 機械式とクオーツ式の違い

機械式とクオーツ式の違い


ロレックスエアキングコピー時計には、昔ながらのゼンマイで動く「機械式」と、電池やソーラーで動く「クオーツ式」があります。前者は、伝統工芸品みたいなものですので高額ですが、時刻精度や耐衝撃性では劣ります。

有名なロレックスなど、とくに男性向けの何十万円~百万円以上する腕時計の多くは、ゼンマイ式ですね。高額なものでも、一日数秒~十数秒くらいは狂いますし、2~3日ほうっておくとゼンマイが解けて止まります。

クオーツ式は、水晶に電圧をかけると一定周期で振動する性質を利用した時計で、1969年に、日本のセイコーが世界で初めて市販しました。大量生産できるので安価、かつ実用性能は高く、1000円くらいのものでも時刻精度は月差20秒くらいと、一日1秒も狂いません。

どちらのタイプの腕時計を選ぶかは、その需要にもよりますが、ただ時間だけをみる目的ならクオーツ式腕時計でも十分ですし、ロレックスエアキング時計が好きな人だと機械式の腕時計を求めてる人が多いようですね。


次ページ:秋にピッタリのROLEXデイトジャスト41
前ページ:1万円以下でいいスーパーコピーロレックスGMTマスター腕時計は探せるのか

禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

KeepGoing365.COMスーパーコピー時計通販です。弊社すべての時計コピーは2年品質保証になります。納期確認 050-4560-1300.

Copyright © 2007-2020 All right reserved.
回覧履歴
More
gotop