logo
yy
商品檢索:
>> 現在の場所:ホーム > 最新情報 > 2018新作 「モンブラン スター レガシー」 正統派時計作りのスピリットを体現

2018新作 「モンブラン スター レガシー」 正統派時計作りのスピリットを体現


 1858年にまでさかのぼる類稀なミネルバの遺産に着想を得て、モンブランがアイコニックなスター コレクションを再編します。伝統的な時計製造のすべてのキーエレメントを取り入れながら、クラシックな仕上げのレベルとそのデザインの洗練をさらに高めています。これに加えて、ミネルバのマニュファクチュールとしての完璧さを活用し、スイスの高級時計製造の水準を高めるに値する新たなコンプリケーションをもたらしています。今回は2つの特別なモデルが発表されました。ひとつは、特許取得のサスペンド エクゾトゥールビヨンのエクスクルーシブなリミテッドエディション。もうひとつは、かつて名声を得たニコラ・リューセック モノプッシャー クロノグラフの新たなバージョンです。そのほか、このコレクションには、39mmと42mmのオートマティックモデル、42mmのムーンフェイズとフルカレンダー、42mmのオートマティック クロノグラフがラインナップされています。

 
 
高級時計作りの160年にわたる遺産
 
 スイスのサン=タミエール峡谷にシャルル=イヴァン・ロベールが時計工房を創立したとき、後にモンブランが吸収したミネルバの時計製造の歴史が始まりました。ミネルバの遺産とレガシーは、ゴールドのポケットウォッチを専門に取り扱う工房として、シャルル=イヴァン・ロベール(Charles-Ivan Robert)が創業した1858年にさかのぼります。モンブラン スター レガシー コレクションは、このミネルバの遺産と19世紀末から20世紀初頭にかけて製造されたミネルバのポケットウォッチに想を得ました。モンブランのアーカイブからは、創業間もない時期から世界各国から注文を受けていたことがわかります。ことにその視認性の良いダイヤルが人気で、いくつかのムーブメントは腕時計にも使われていました。
 
 1880年代の初期、ミネルバ マニュファクチュールはリューズで巻き上げることが出来るタイムキーパー(フランス祖でルモントワール・オ・パンダン “remontoir au pendant” と呼ばれます)に特化しはじめます。こうした革新的なポケットウォッチは、別添えのキー無しで巻き上げ可能な最初のひとつでした。これこそ、ミネルバが創業当初から世界的成功を収めた理由です。
 
 
古典的な高級時計作りのスピリット
 
 ミネルバの他に例を見ない歴史と遺産を讃えて、2018年、モンブランはその主要ラインのひとつであるスター コレクションを装いも新たに再登場させます。いにしえのポケットウォッチのキーとなるエレメントを活かしつつも、さらに洗練されたデザインによってクラシックな仕上げを際立たせました。また、そのマニュファクチュールとしての経験を、新たな自社コンプリケーションモデルによって、スイスの伝統的時計作りの水準をさらに押し上げています。
 
 1927年のゴールド・ハンター・キャリバー 19のような、19世紀後期から20世紀初頭にかけて作られたミネルバのポケットウォッチに着想を得て、モンブラン スター レガシーは、美しくシェイプされたペブルエフェクトを持ち、サイドに段差を設けたホーンを備えた、カーブを描くラウンドケースを採用しています。古典的な時計作りのスピリットに則り、判りやすく指なじみの良いモンブランロゴ付のオニオン型リューズもひときわ目を引きます。
 
 ダイヤルは、形とサイズが若干デザイン修正されて、より洗練度を増した、見やすいアラビア数字が特徴です。同心円状に星型を描くおなじみのギョーシェのパターンは、スター コレクションから引き継いだものです。線ではなくドット(19世紀後半または20世紀初頭の非常にごく少数のモデルにしか見られない希少なツイスト)のレイルウェイ ミニッツトラック、ダイヤルの輪郭に沿った美しいフィレソーテ ギョーシェもみどころです。全体のデザインを、モダンかつクラシックに完成させるのは、エレガントなブルーのリーフ針です。

次ページ:ウブロポロ金杯試合、発売を限定腕時計
前ページ: オーデマ ピゲ ゴルフドリームチームに新メンバーが加入

禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

KeepGoing365.COMスーパーコピー時計通販です。弊社すべての時計コピーは2年品質保証になります。納期確認 keepgoing365@vip.163.com.

Copyright © 2007-2020 All right reserved.
回覧履歴
More
gotop