logo
yy
商品檢索:
>> 現在の場所:ホーム > 最新情報 > 腕時計は保養して、自分で金を省くことをする

腕時計は保養して、自分で金を省くことをする


 1 .外観のメンテナンス

腕時計部では、外部との接触が最も多いのが、表殻や表鏡であり、空気中のほこりや雨水が積もると、時計の鏡と甲羅のすき間には多くの汚れが隠されている。夏は人々が汗をかくのが頻繁な季節であり、時計の底と腕の汗が接触して浸食しやすくなり、隙間の汚れが清潔でないと金属層が腐食して黒くなり、美観に影響し、深刻に肌アレルギーにつながる。だから普段から汗をかくと腕時計を取って、少量の洗剤をつけた柔らかい布できれいに表の底を拭いてからつけます。
時計の外観を清潔にするのは比較的簡単な操作で、時計の鏡に付着した汚れは、少量の洗剤をつけた柔らかい布で拭くことができます。軽微な傷があれば、歯磨きを使って傷跡につけて、柔らかい布で軽く擦り付けると、薄めに傷をつける作用があります。時計の鏡と表殻の接続所、時計のすきまの汚れは硬い毛で注意を払うことができて、清潔な時にお湯を使うことができなくて、腕時計の内部に水蒸気が現れるのを防ぐことができます。
 
2 .表のメンテナンス
表帯の使用頻度が最も高いのは、皮の表帯と鉄帯、真皮のベルトは消耗品として、寿命は約1年ほどで、通常の装着では一定の損耗が発生しやすい。しかし、メンテナンスの仕事が上手であれば、皮膚帯の寿命を適切に延長することができます。皮の表帯が最も忌み嫌われるのは水の浸食であり、汗や雨、海水などを侵されて臭いや裂けやすくなると、長期の日光によって皮が落ちてしまう。
そのため、条件が良いのはいくつかの表帯の予備を買うことができて、交替で使います。清潔な時には、少量の清水がついた柔らかい布を使って拭くことができ、清潔になった後にタオルで拭いて、それから専門の革油でメンテナンスを行います。鉄分を清潔にするためには、柔らかい毛の歯ブラシに石けんの水ブラシを入れて、すきまの中の汚れを洗って、水で洗ってきれいに洗い流して、最後にタオルで表関節のすき間を拭くことができます。http://www.keepgoing365.com/topnews.html

次ページ:ルノー腕時計、現代のビジネス時計の魅力
前ページ:17億円超で落札ポール・ニューマンの「ポール・ニューマン」

禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

KeepGoing365.COMスーパーコピー時計通販です。弊社すべての時計コピーは2年品質保証になります。納期確認 keepgoing365@vip.163.com.

Copyright © 2007-2020 All right reserved.
回覧履歴
More
gotop